平成28年度戦略的研究開発領域課題(S-15)

テーマ2

tema
  陸域における自然資本・生態系サービスがもたらす自然的価値の予測評価

 

seikamokuhyou

<成果目標>「日本の陸域における自然資本・生態系サービスがもたらす自然的価値の予測評価」
<概 要>既存の研究蓄積を活用して、陸域における生態系サービスの定量化・地理情報化や、それらの変化要因(直接、間接)の分析手法、自然資本としての評価手法を開発するとともに、文化的サービス(食文化、レクリエーション、環境教育等)を含む生態系サービスの定量化・地理情報化や参加型生態系管理伝統・地域知の果たす役割の検討を行う。また、テーマ3と共同で、陸域と海域の相互作用を解明する。検討結果に基づき、テーマ1で構築予定の 将来シナリオ毎の展開が可能なモデル化に向けたサブモデルおよびツール開発を行う。

 

sub-kousei

sansai
食文化の地域性を生み出す山菜の消費

PAGETOP