平成28年度戦略的研究開発領域課題(S-15)

サブテーマ3-1

subtema
  海域の環境要因の将来予測データの整備および自然資本・生態系サービス予測評価の統合

 

kenkyu

  • 海域の環境要因の変化について予測、データ同化やダウンスケールしたデータの活用・整備し、自然資本・生態系サービス評価における活用事例を作成。
  • 各サブテーマで収集した生物量や機能・生態系サービスのデータベースを整備
  • 各サブテーマにおけるサービス評価結果から、サービス間のトレードオフや重みづけ、生物多様性に基づく重要海域、将来変化に対する緩和策と適応策を考慮することのできる統合評価指標についてEBSAs*の指標や海の健全度指数等の国際的に用いられている指標を参考として検討したうえで、シナリオ毎の評価につなげる。

sub3-1_fig1
沿岸解析にも利用できる解像度へのダウンスケールを現在のデータ同化、
将来の予測について作成する

sub3-1_fig2
サービスの推定や変化予測を行ない、共通のツールなどを用いて統合した解析

PAGETOP