平成28年度戦略的研究開発領域課題(S-15)

サブテーマ4-3

subtema
  包括的な福利指標の開発と地域展開

 

kenkyu

  • 自然資本の蓄積に伴う包括的な福利の向上を数値的に捕捉できるような包括的な福利指標(国単位では新国富、地域単位では地域の富)を予測する。予測に用いるのは、所得などの経済指標や土地利用などの社会的指標である。
  • モデルにおいては、予測において先行する気候変動にも用いられている経済モデルを自然資本・生態系サービスがもたらす価値まで組み込み、グローバル、アジア、国内各地域で予測できるように行う。生態系の不可逆的なレジームシフトが起こらないように、シナリオ毎に変容可能性を踏まえた社会構造の強化策を提案。

sub4-3_fig1

sub4-3_fig2ブラジルのInclusive Wealth Indexの推移

PAGETOP