平成28年度戦略的研究開発領域課題(S-15)

レタス生産量の分布(現状)

項目名:レタス生産量の分布(現状)
概 要:畑地のレタス供給サービスを地図化した。
作成方法:作物統計から自治体ごと、年ごとのレタスの単収・作付面積を計算し、それをPANCESで作成した土地利用メッシュの農地に割り当てた。さらに各年の気象、農地周囲の土地利用、人口分布との単収・作付面積の関係を機械学習法(Random Forest)で推定するモデルを作成し、これを用いて1981-2010年の平均的な気象条件、2010年の人口分布条件、PANCES土地利用の元でのレタス生産量を推定した。
作成者:テーマ2/森林総研 小黒 芳生
データ:-
備 考:推定モデルはベータ版である。


PAGETOP