平成28年度戦略的研究開発領域課題(S-15)

論文等外部発表成果一覧

研究成果一覧

2018年5月時点における、外部に発表された研究成果の一覧を下記に示します。

tema1

(1)誌上発表

<論文(査読あり)>

  1. 芳賀智宏,松井孝典,町村尚:土木学会論文集G(環境),72-6,II_299-310(2016)「将来シナリオ分析のための里山の景観の多様性のシミュレーションプロセスの開発 ーLANDIS-IIと改良さとやま指数を用いてー」
  2. B. A.JOHNSON, H. SCHEYVENS, H. SAMEJIMA and M. ONODA: ISPRS – International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences XLI-B8,669-672 (2016) “Characteristics of the Remote Sensing Data Used in the Proposed Unfccc Redd+ Forest Reference Emission Levels (FRELs)”
  3. K. Shoyama, C. Kamiyama, J. Morimoto, M. Ooba and T. Okuro: Ecosystem Services, 26, Part B, 316-328 (2017) “A review of modeling approaches for ecosystem services assessment in the Asian region”, https://doi.org/10.1016/j.ecoser.2017.03.013
  4. O. Saito: Sustainability Science, 12, 895-899 (2017)“Future science-policy agendas and partnerships for building a sustainable society in harmony with nature”, DOI 10.1007/s11625-017-0475-8
  5. Tomoya Kishioka, Shizuka Hashimoto, Maiko Nishi, Osamu Saito and Ryo Kohsaka: International Journal of Agricultural Sustainability, 15, 5, 593-612 (2017) “Fostering cooperation between farmers and public and private actors to expand environmentally friendly rice cultivation: intermediary functions and farmers’ perspectives”
  6. Tobias Plieninger, Ryo Kohsaka, Claudia Bieling, Shizuka Hashimoto, Chiho Kamiyama, Thanasis Kizos, Marianne Penker, Pia Kieninger, Brian J. Shaw, Giles Bruno Sioen, Yuki Yoshida, Osamu Saito: Sustainability Science, 13, 1, 219-223 (2017) “Fostering biocultural diversity in landscapes through place-based food networks: A “solution scan” of European and Japanese models”
  7. 石河正寛, 松橋啓介, 金森有子, 有賀敏典:都市計画論文集, 52, 3, 689-695 (2017) 「住戸数と世帯数に基づく空き家の詳細地域分布の把握手法」
  8. O. Saito, C. Kamiyama, S. Hashimoto: Sustainability, 10, 213 (2018) “Non-Market Food Provision and Sharing in Japan’s Socio-Ecological Production Landscapes”, DOI:10.3390/su10010213

<その他誌上発表(査読なし)>

  1. 神山千穂, 秋庭はるみ, 庄山紀久子, 橋本禅, 松井孝典, 齊藤修:環境システム研究論文発表会講演集,44,151-158(2016)「日本における生物多様性と生態系サービスに関わる将来シナリオ設計に向けたフレームワークの構築」
  2. 橋本禅:農業と経済、82,12,68-75(2016)「多面的機能を計画に埋め込む」
  3. H. SCHEYVENS, J. KAWASAKI J, M. KAWAI, T. FUJISAKI, C. UMEMIYA, H. SAMEJIMA and M. SUYAL-CHHETRI: IGES Working Paper, (2016) “Understanding REDD+ projects -comparative analysis of REDD+ project designs”
  4. グリーンインフラ研究会(編):決定版!グリーンインフラ, 日経BP社, 275-282 (2017)「第3部16 農地・農業用施設はグリーンインフラの形成にどう貢献できるか?」(執筆担当:橋本 禅)
  5. グリーンインフラ研究会(編):決定版!グリーンインフラ, 日経BP社, 333-342(2017)
  6. 「第3部22 無人化地域のグリーンインフラ」(執筆担当:深澤圭太, 岡田尚)
  7. M. KAWAI, H. SCHEYVENS, H. SAMEJIMA, T. FUJISAKI, A. SETYARSO: IGES Research Report (2017) “Indonesia REDD+ Readiness –State of Play – March 2017”
  8. B. JOHNSON, H. SCHEYVENS and H. SAMEJIMA: Satellite Earth Observations and Their Impact on Society and Policy, 155-169 (2017) “Quantitative Assessment of the Earth Observation Data and Methods Used to Generate Reference Emission Levels for REDD+”
  9. 蒲谷景: 田中治彦・三宅隆史・湯本浩之(編著)『SDGsと環境教育』, 学文社, 第10章(2017)「地球資源制約と生物多様性保全」
  10. 松下和夫,高橋康夫:農村計画学会誌、36,1,29-33(2017)特集論考「自然資本・生態系サービスを巡る科学と政策のインターフェイス(SPI)」
  11. 亀山康子:エネルギー・資源, 38, 5,246-249 (2017) 「パリ協定で目指される長期ビジョンと政策パッケージ」
  12. 松井孝典,橋本禅,齊藤修: 生産技術,70, 2,78-81(2018)「自然資本・生態系サービスの将来シナリオ予測のための社会・生態システムの統合シミュレーションモデルの開発」

(2)口頭発表(学会等)

  1. S. Hashimoto, K. Kabaya, O. Saito, R. Kohsaka and T. Matsui: Asian ESP Conference: Ecosystem Services for Nature Based Solutions, Ansan-si, Republic of Korea (2016) “Linking land use change projection with ecosystem service evaluation: towards scenario analysis of ecosystem services”
  2. S. Hashimoto and O. Saito: Asian ESP Conference: Ecosystem Services for Nature Based Solutions, Ansan-si, Republic of Korea (2016) “Status and Trends of Ecosystem Services of Japan: Summary of Japan Biodiversity Outlook2 (JBO2)”
  3. O. Saito: Asian ESP Conference: Ecosystem Services for Nature Based Solutions, Ansan-shi, Republic of Korea (2016)“Overview and Prospect of PANCES – Predicting and Assessing Natural Capital and Ecosystem Services – Project”
  4. O. Saito: ICRAF Shared-learning discussion (2016) “Integrated Ecosystem Assessments of Socio-ecological Production Landscapes: Shedding a Light on Non-market Food Provision and Sharing”
  5. O. Saito: The 5th GPSS-GLI International Symposium, Session 2 “Value of Grey: Food Security and Urban Agriculture”, Kashiwa (2016) “Non-market food provision and sharing in Japan’s socio-ecological production landscapes: Quantifying the contribution by urban agriculture and urban-rural linkage”
  6. C. Haga, T. Matsui, S, Hashimoto, O. Saito, T. Machimura: Asian ESP Conference: Ecosystem Services for Nature Based Solutions, Ansan-shi, Republic of Korea (2016)“A development of simulation process of landscape diversity in satoyama landscapes for future scenario analysis -using the LANDIS-II model and the modified Satoyama index”
  7. K. Hori, T. Matsui, N. Kirikawa, T. Machimura: Asian ESP Conference: Ecosystem Services for Nature Based Solutions, Ansan-shi, Republic of Korea (2016)“Development of Simulation Model for Forecasting Material Flow and Demand of Biomass Provisioning Services under Future Scenarios”
  8. C. Kamiyama: Asian ESP Conference: Ecosystem Services for Nature Based Solutions, Ansan-shi, Republic of Korea (2016)“Future socio-ecological systems in Japan: questionnaire surveys for participatory scenarios”
  9. 橋本禅:平成28年度農業農村工学会大会(2016)「持続可能な開発目標(SDGs)と生態系サービス」
  10. 松井孝典,芳賀智宏,堀啓子,町村尚:環境経済・政策学会年次大会(2016)「生態系サービスの将来シナリオ評価のためのストック・フローおよびサプライ・ディマンド統合シミュレーションモデルの開発に向けて」
  11. 藤田剛, 三上修, 深澤圭太:日本鳥学会2016年度大会(2016) 「広域分布変化からよみとく鳥たちの変化:都市化と過疎化、日本に迫る2つの脅威?」
  12. T. Ariga: Japan-America Frontiers of Engineering Symposium (2016) “How much can compact city reduce automobile CO2 emission?”
  13. T. Ariga, K. Matsuhashi: 2nd International Forum on Sustainable Future in Asia, Japan (2016) “Prospect of passenger car CO2 emissions with urban population density scenarios in Japan”
  14. 鮫島弘光:国際セミナー「インドネシアの森林管理政策・制度の現状と課題」(2016) 「インドネシアの択伐コンセッションの持続性」
  15. H. Samejima: Workshop on SDG 13 “Climate Action” and 15 “Life on Land” (2017) “Policies and Systems toward Sustainable Management of Production Forests in Indonesia and Malaysia”
  16. Y. Kameyama: Pivot to Asia? U.S. policy in Asia Under the Trump Administration, RAND Corporation, Santa Monica (2017)“Economic and Environmental Issues Influencing U.S. Policy in Asia in the Coming Decade: Climate Change”
  17. S. Hashimoto: Expert workshop towards further collaboration between Japanese research community and IIASA, Tokyo, Japan (2017)“Predicting and Assessing Natural Capital and Ecosystem Services (PANCES)”
  18. 橋本禅:地域循環共生圏構築の取組に関する報告会(2017)「社会・生態システムの統合化による自然資本・生態系サービスの予測評価(PANCES)について」
  19. O. Saito: 17th Annual Conference of Philippine Society for the Study of Nature (PSSN), Los Banos, Laguna, Philippines (2017) “Evolution and Landscape of Sustainability Science; Building a Sustainable and Resilient Society in Harmony with Nature”
  20. O. Saito: Round Table Discussion on Sustainability Perspectives, Los Banos, Laguna, Philippine (2017) “Sustainability from the Natural Science Perspective”
  21. O. Saito: International Forum on Applying Ecosystem Services for Transboundary Nature Management, Paju-si, Gyeonggi Province, Republic of Korea (2017) “Transboundary Collaboration for Sustainable Management of Natural Capital and Ecosystem Services”
  22. 杉本直輝, 深澤圭太, 宮下直:日本生態学会第64回全国大会(2017)「中山間地域の無居住化に伴う蝶類群集の変化」
  23. 安積紗羅々, 深澤圭太, 直輝直輝, 宮下直:日本生態学会第64回全国大会 (2017)「中山間地域の無居住化にともなう鳥類の群集構造の変化」
  24. 高橋康夫:第64回日本生態学会全国大会シンポジウム「生物多様性に関わる様々な政策課題を広く俯瞰するlegislative scan」(2017)「IPBESの描く『科学‐政策インターフェイス』:これまでに見えてきた課題と研究者コミュニティへの示唆」
  25. 芳賀智宏, 堀尾亮太, 松井孝典, 町村尚: 第45回環境システム研究論文発表会(2017)「気候変動適応のための森林バイオマスと天然更新後の樹種構成変化のシミュレーション―石川県でのケーススタディ―」
  26. B. A. Johnson, H. Samejima, M. Kawai, K. Matsushita, I. Matsumoto, Y. Takahashi, S. Okayasu: The 40th Annual Applied Geography Conference, Port Canaveral, USA (2017) “Methods for assessing the credibility, relevance, and legitimacy of the UNFCCC REDD+ forest reference emission levels (FRELs)”
  27. O. Saito: 9th Ecosystem Services Partnership (ESP) world conference (2017) “Overview and Progress of “Predicting and Assessing Natural Capital and Ecosystem Services”(PANCES) Project”
  28. C. Haga : 9th Ecosystem Services Partnership (ESP) world conference (2017) “A Development of Future Scenario Simulation System of Natural Capital and Ecosystem Services on LANDIS-II ―Linking Qualitative Scenarios and Landscape Change Model in Japan”
  29. S. Hashimoto, Rajarshi DasGupta, Kei Kabaya, Takanori Matsui, Chihiro Haga, Osamu Saito and Kazuhiko Takeuchi: 9th Ecosystem Services Partnership (ESP) world conference! Ecosystem Services for Eco-civilization: Restoring connections between people and landscapes through nature-based solutions, 3 pages (online), Shenzhen, China (2017) “Exploring alternative futures for the social-ecological production landscapes of Noto: implications of land use change on the provision of ecosystem services”
  30. Rajarshi Dasgupta, S. Hashimoto and Toshiya Okuro: 9th Ecosystem Services Partnership (ESP) world conference! Ecosystem Services for Eco-civilization: Restoring connections between people and landscapes through nature-based solutions, 3 pages (online), Shenzhen, China (2017) “Scenario-based land change analysis of the lower Gangetic Delta: an exploratory investigation into alternative regional futures”
  31. ESTOQUE R.C., OOBA M., TOGAWA T., NAKAMURA S., HIJIOKA Y.: 9th Ecosystem Services Partnership (ESP), Shenzhen, China, 2017 “Future changes in Southeast Asia’s forest cover and its ecosystem service value under the shared socioeconomic pathways (SSPs)”
  32. OOBA M., ESTOQUE R.C., AKIYAMA C., GOMI K., NAKAMURA S., YOSHIOKA A., KURODA K., HIJIOKA Y., TOGAWA T.: 9th Ecosystem Services Partnership (ESP), China, 2017 “Scenario analysis of the future ecosystem services in Fukushima, Japan”
  33. I. Matsumoto, B. Johnson, M. Kawai, F. Lopez Casero, K. Matsushita, S. Okayasu, Y. Takahashi: 9th Ecosystem Services Partnership (ESP), Shenzhen, China (2017)“Mapping the current landscape of science-policy interface studies on biodiversity and ecosystem services”
  34. HE C., 有賀敏典, 松橋啓介: 第56回土木計画学研究発表会 (2017) 「人口分布からみた乗用車CO2排出量の分析ーメッシュと周辺人口集積度に基づいてー」
  35. 石河正寛, 松橋啓介, 金森有子, 有賀敏典: 公益社団法人環境科学会2017年会 (2017) 「統計データを用いた空き家の詳細地域分布の推計手法」
  36. 有賀敏典, 金森有子, 松橋啓介: 環境科学会2017年会 (2017) 「都市の集約化による生活時間・交通行動の変化と自動車CO2排出量の推計」
  37. 深澤圭太: 第4回東北野生動物管理研究交流会inつるおか (2017) 「基調講演: 無居住化がもたらす景観と生態系の変化」
  38. 芳賀智宏, 井上貴央, 堀田亘, 町村尚, 松井孝典, 森本淳子, 柴田英昭: 第65回日本生態学会大会(2018)「自然資本・生態系サービス評価のための森林景観シミュレーションモデルを用いたシナリオ分析手法の開発と課題」
  39. O. Saito: 4th Philippine-Japan workshop and field excursion: Sustainability Science and GIAHS – Sustainable Development of Noto and Ifugao by Twining, Wajima, Ishikawa, Japan (2018) “Role of sustainability science for building a resilient and sustainable society”
  40. 大場真, Estoque R. C., 吉岡明良, 林希一郎: 日本生態学会第65回全国大会 (2018) 「セマンティック統合モデルソフトを利用した生態系サービス評価: 気候変動による影響」
  41. 藤田知弘, 有賀敏典, 大橋春香, 肱岡靖明, 深澤圭太: 日本生態学会第65回全国大会 (2018) 「人口および気候変動を考慮した将来土地利用シナリオの構築」

(3)「国民との科学・技術対話」の実施

  1. The Satoyama Initiative Regional Workshop in Peru “Living in harmony with nature: The Satoyama Initiative”( 2016年6月, Cusco and Pisac)
  2. 第一回アジア生物文化多様性国際会議「生物文化多様性:人と自然をつなぐ」(2016年6月,石川県七尾市)
  3. 公開セミナー「地域から国家スケールでの生態系シナリオとモデルの最新動向」(2016年11月14日,国連大学エリザベス・ローズホール,参加者68人)
  4. 日本UNEPフォーラム2016~水と森林の今後を考える~「自然共生社会の実現を目指して~人がつなぐ森里川海」(2016年11月,国連大学)
  5. CBD COP13 Side Event, Contributions to Mainstreaming Biodiversity“Strategic Action for Mainstreaming Biodiversity: Contribution of the IPSI to Biodiversity and Human Well-Being”(The Satoyama Initiative,2016年12月,Cancun, Mexico)
  6. 国際セミナー「インドネシアの森林管理政策・制度の現状と課題」(2016年12月15日,東京大学中島董一郎記念ホール,参加者:約30名)
  7. 2016年度地域研究コンソーシアム次世代ワークショップ国際セミナー「インドネシアの森林管理政策研究の現在」(2016年12月16日,京都大学東南アジア研究所,参加者:約80名)
  8. 和歌山県の人と自然をつなぐシンポジウム「自然と人のつながりを取り戻す」(2017年1月,和歌山県民文化会館)
  9. 日本生態学会第64回全国大会自由集会「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学‐政策プラットフォーム(IPBES)の課題・展望と研究者への示唆」(講演者:高橋康夫・IGES、市川薫・国連大学サステイナビリティ高等研究所、橋本禅・東京大学、香坂玲・東北大学、中尾文子・環境省)(企画・共催:IGES/東京大学,2017年3月17日,早稲田大学G会場,参加者:約30名)
  10. 公開シンポジウム-自然共生社会を目指して:佐渡からはじまる自然共生型の地域づくり「自然資本を活かした地域づくり―佐渡島での実践事例から―」(2017年6月,アイポート佐渡ホール)
  11. 環境講演会-道東地域の自然と生態系の将来を考える「森里川海のつながりを守り育てる」(2017年8月,厚岸情報館)
  12. 一般公開シンポジウムーSDGsの達成に向けた多様な環境研究の取組みと今後への期待(講演者:亀山康子)「SDGs:気候変動分野からのインプット」(環境情報科学センター,2017)
  13. 生物多様性民間参画パートナーシップ第7回会員会合(講演者:武内和彦)「パートナーシップがつくる持続可能な自然共生社会」(2018年2月,経団連ホール南).
  14. (公財)農学会・日本農学アカデミー共同主催公開シンポジウムー陸と海の豊かさを守り育てる―持続可能な発展を目指して「持続可能な自然共生社会の実現に向けて」(2018年3月、東京大学農学部弥生講堂)
  15. 国際シンポジウムー新しい都市の未来~文化、生物多様性、風景の交流~「自然や文化と調和した持続可能でレジリエントな社会を創る」(2018年4月,金沢歌劇座)
  16. 「能登里山里海マイスター」育成プログラム六期生入構記念講演「里山里海を活かした持続可能な地域づくり」(2018年4月,金沢大学能登学舎)
  17. 埼玉県環境科学国際センター講演会-守ろう創ろう未来の環境~持続可能な社会とは~(講演者:亀山康子) 「持続可能な社会を目指して ~今、私達にできること~」(2018)

(4)その他

  1. 研究成果の発信を行うため、ホームページ(日・英)を作成・公開し、一般向けの情報発信を行った(http://pances.net/top/)。さらに、研究紹介ビデオ(日・英)を作成し、同ホームページで公開した。(https://www.youtube.com/watch?v=8FAVUIWYgsQ&t=47s)
  2. 事例地域の一つである佐渡市での研究の円滑化のために、2016年7月14日に、研究代表機関である東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構と佐渡市との間で「自然共生社会の実現に向けた研究等に関する連携・協力に関する覚書」を交わした。

 

tema2

(1)誌上発表

<論文(査読あり)>

  1. Dicks, L.V., Viana, B., Bommarco, R., Brosi, B., Arizmendi, M.d.C., Cunningham, S.A. et al. (2016). Ten policies for pollinators. Science, 354, 975-976.
  2. Kohsaka, R. & Uchiyama, Y. (2016). The influence of affiliations with agricultural collectives on attitudes of fisherman towards conservation and perceptions of the local environment. Int. Fish., 15, 1–21.
  3. Uchiyama, Y. & Kohsaka, R. (2016). Analysis of the distribution of forest management areas by the forest environmental tax in Ishikawa prefecture, Japan. J. For. Res., 1-18.
  4. Imai, H., Nakashizuka, T. & Oguro, M. (2017). Environmental factors affecting the composition and diversity of the avian community in igune, a traditional agricultural landscape in northern Japan. Ecol. Environ., 41, 1–12.
  5. Suzuki-Ohno, Y., Yokoyama, J., Nakashizuka, T. & Kawata, M. (2017). Utilization of photographs taken by citizens for estimating bumblebee distributions. Rep., 7, 1–11.
  6. Shibata, H., Galloway, J.N., Leach, A.M., Cattaneo, L.R., Noll, L.C., Erisman, J.W. et al. (2017). Nitrogen footprints: Regional realities and options to reduce nitrogen loss to the environment. Ambio, 46, 1–14.
  7. Sasai, T., Nakai, S., Ono, K., Mano, M. & Miyata, A. (2017). Estimation of methane emission from rice paddy soils in Japan using the diagnostic ecosystem model. Agric. Meteorol., 73, 1–7.
  8. Inoue, T., Fukuzawa, K., Watanabe, T., Yoshida, T. & Shibata, H. (2017). Spatial pattern of soil nitrogen availability and its relationship to stand structure in a coniferous-broadleaved mixed forest with a dense dwarf bamboo understory in northern Japan. Res., 32, 227–241.
  9. Masaki, T., Oguro, M., Yamashita, N., Otani, T. & Utsugi, H. (2017). Reforestation following harvesting of conifer plantations in Japan: Current issues from silvicultural and ecological perspectives. Reforesta, 3, 125-142.
  10. Takano, K.T., Hibino, K., Numata, A., Oguro, M., Aiba, M., Shiogama, H. et al. (2017). Detecting latitudinal and altitudinal expansion of invasive bamboo Phyllostachys edulis and Phyllostachys bambusoides (Poaceae) in Japan to project potential habitats under 1.5ºC–4.0ºC global warming. Ecology and Evolution, 7, 9848-9859.
  11. 大橋春香・深澤圭太・有賀敏典・松井哲哉・肱岡靖明 (2017) 人口減少社会に向けたシナリオアプローチ:ニホンジカの分布拡大問題を事例として. 野生生物と社会, 5, 41-46.
  12. Usinowicz, J., Chang-Yang, C.H., Chen, Y.Y., Clark, J.S., Fletcher, C., Garwood, N.C., et al. (2017). Temporal coexistence mechanisms contribute to the latitudinal gradient in forest diversity. Nature, 550, 105–108.
  13. Brockerhoff, E.G., Barbaro, L., Castagneyrol, B., Forrester, D.I., Gardiner, B., González-Olabarria, J.R. et al. (2017). Forest biodiversity, ecosystem functioning and the provision of ecosystem services. Conserv., 26, 3005-3035.
  14. Hosokawa, N., Isobe, K., Urakawa, R., Tateno, R., Fukuzawa, K., Watanabe, T. et al. (2017). Soil freeze–thaw with root litter alters N transformations during the dormant season in soils under two temperate forests in northern Japan. Soil Biol Biochem., 114, 270–278.
  15. 風聡一郎・梶間周一郎・内山愉太・香坂玲 (2017) 温浴施設での薪ボイラー導入における運用実態―木質バイオマスの小規模熱利用が地域に与える影響とは. 日本森林学会誌, 99, 1, 18-23.
  16. Uchiyama, Y. & Kohsaka, R. (2017). Spatio-temporal analysis of biodiversity, land-use mix and human population in a socio-ecological production landscape: A case study in the Hokuriku region, Japan. Procedia Eng., 198, 219–226.
  17. Kohsaka, R. & Uchiyama, Y. (2017). Motivation, strategy and challenges of conserving urban biodiversity in local contexts: Cases of 12 municipalities in Ishikawa, Japan. Procedia Eng., 198, 212–218.
  18. Kohsaka, R., Park, M.S. & Uchiyama, Y. (2017). Beekeeping and honey production in Japan and South Korea: Past and present. Ethn. Foods, 4, 72–79.
  19. Sato, J. & Kohsaka, R. (2017). Japanese sake and evolution of technology: A comparative view with wine and its implications for regional branding and tourism. Ethn. Foods, 4, 88–93.
  20. Kohsaka, R. (2017). The myth of washoku: a twisted discourse on the “uniqueness” of national food heritages. Ethn. Foods, 4, 66–71.
  21. Uchiyama, Y., Matsuoka, H. & Kohsaka, R. (2017). Public recognition of traditional vegetables at the municipal level: Implications for transgenerational knowledge transmission. Ethn. Foods, 4, 94–102.
  22. Uchiyama, Y., Tanaka, Y., Matsuoka, H. & Kohsaka, R. (2017). Expectations of residents and tourists of agriculture-related certification systems: analysis of public perceptions. Ethn. Foods, 4, 110–117.
  23. Gugerell, K., Uchiyama, Y., Kieninger, P.R., Penker, M., Kajima, S. & Kohsaka, R. (2017). Do historical production practices and culinary heritages really matter? Food with protected geographical indications in Japan and Austria. Ethn. Foods, 4, 118–125.
  24. Kajima, S., Tanaka, Y. & Uchiyama, Y. (2017). Japanese sake and tea as place-based products: a comparison of regional certifications of globally important agricultural heritage systems, geopark, biosphere reserves, and geographical indication at product level certification. Ethn. Foods, 4, 80–87.
  25. Plieninger, T., Kohsaka, R., Bieling, C., Hashimoto, S., Kamiyama, C., Kizos, T., et al. (2018). Fostering biocultural diversity in landscapes through place-based food networks: a “solution scan” of European and Japanese models. Sci., 13, 219–233.
  26. Kizos, T., Kohsaka, R., Penker, M., Piatti, C., Vogl, C.R., Uchiyama, Y. (2017). The governance of geographical indications: experiences of practical implementation of selected case studies in Austria, Italy, Greece and Japan, Food J., (in press.)
  27. Hasegawa, Y., Okabe, K. & Taki, H. (2018). A scenario approach for ecosystem-service changes. Futures, 96, 23-31.
  28. Taki, H., Murao, R., Mitai, K. & Yamaura, Y. (2018). The species richness/abundance–area relationship of bees in an early successional tree plantation. Basic Appl. Ecol., 26, 64-70.
  29. 大野ゆかり・横山潤・中静透・河田雅圭 (2018) 市民が撮影した写真による生物観測情報の収集, 問題点と解決方法. 種生物学会電子版和文誌2(印刷中)
  30. 種田あずさ・柴田英昭・新藤純子 (2018)窒素フットプリント:環境への窒素ロスを定量する新たな指標. 日本LCA学会誌(印刷中)

<その他誌上発表(査読なし)>

  1. 中静透(2016)生態系・生物多様性を活かした震災復興. 国立公園, 743, 7-11.
  2. 中静透(2016)わが国における生態系サービスの変化. 環境情報科学, 45-3, 5-6.
  3. 香坂玲・内山愉太(2016)世界農業遺産認定の効果と課題についての一考察─能登地域の事例より─. 農村計画学会誌, 35-3, 361-364.
  4. 中静透(2017)陸域の生物多様性と生態系サービス. 農村計画学会誌, 36, 5-8.
  5. 齋藤暖生(2017)山菜・きのこにみる森林文化. 森林環境, 12-21.
  6. 齋藤暖生(2017)ありふれたごちそう〜山菜の魅力. 森林科学, 80, 22-25.
  7. 齋藤暖生(2017)森が秘める「癒し」のはたらき. 三俣学・新澤秀則編著, 都市と森林, 晃洋書房, 29-46.
  8. 市川薫(2017)IPBESにおける先住民族・地域住民の知識. 農村計画学会誌, 36,1, 34-37.
  9. 西廣淳(2017)生態系のレジリエンスと生物多様性:「変動の時代」の応用生態工学に向けて. 応用生態工学, 20, 137-142.
  10. 西廣淳・古賀和子(2018)公衆衛生の改善に向けた都市のグリーンインフラ:研究の動向と課題. 緑化工学会誌(印刷中)
  11. 香坂玲・内山愉太(2018)都市生物多様性指標の国際的動向~世界の都市は指標をどう活用しているか. ランドスケープ研究, 81,4, 336-339.
  12. 三浦一輝・川尻啓太・臼井平・石山信雄・秋山善寛・渥美圭佑・根岸淳二郎・中村太士(2018)枝幸町内における淡水二枚貝コガタカワシンジュガイ(Margaritifera togakushiensis)の生息情報. 枝幸研究(印刷中)

(2)口頭発表(学会等)

  1. T. Takano, M. Aiba, M. Oguro, K. Nakagawa, J. Morimoto, R. Ito, T. Takemi, K. Hibino, I. Takayabu and T. Nakashizuka: The 7th EAFES International Congress, Daegu, Korea, Apr. 2016, Impacts of climate change on forest ecosystem in northern Japan
  2. T. Nakashizuka: The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER2016), Kyoto, Japan, Jun. 2016, Recent dynamics and future prediction of mountain vegetation in northern Japan
  3. 宮嵜舞・川井田美枝・寺園直美・西廣淳:応用生態工学会第20回大会, 東京 (2016.9), 放棄水田を活用した湿地再生~印旛沼流域・八幡溜での試み
  4. 白土智子・林紀男・内山香・西廣淳:応用生態工学会第20回大会, 東京 (2016.9), 散布体バンクを活用した水生植物の再生可能性と市民参加型プログラムの検討—東京都内の公園を対象に
  5. 功刀祐之・有村俊秀・森田稔・中静透・小黒芳生: 環境科学会2016年大会, 横浜市 (2016.9),主観的幸福度と社会資本、自然資本(環境):ミクロデータを用いた分析
  6. R. Kohsaka, Y. Uchiyama: Urban Transitions Global Summit 2016, Shanghai, China, Sep. 2016, Motivation, strategy and challenges of conserving urban biodiversity in local contexts: Cases of 12 municipalities in Ishikawa
  7. 奥井かおり・澤田佳宏・吉田丈人:第21回植生学会大会, 大阪 (2016.10), 古老の知恵か、経験の減少か:“木の実利用”の世代間差を説明するメカニズム
  8. H. Sasaki, M. Aiba, M. Oguro, T. Nakasizuka: 1st Asian Conference on Biocultural Diversity 2016, Ishikawa, Japan, Oct. 2016, Geographical pattern of wild edible plants: supply and utilization in Tohoku District, Japan
  9. K. Okui, Y. Sawada, T. Yoshida: 1st Asian Conference on Biocultural Diversity 2016, Ishikawa, Japan, Oct. 2016, Abundant knowledge of wild fruit use among elders: Wisdom of the elders or loss of experience as a mechanism explaining the pattern
  10. 齋藤暖生: 林業経済学会2016年度秋季大会, 島根 (2016.11), 森林文化の継承のためのアーカイブ作成に向けた課題整理:山菜・キノコ採取活動を題材とした記録媒体の特性の検討
  11. K. Nanko, M. Oguro, S. Miura, T. Masaki: AGU Fall Meeting 2016, San Francisco, USA, Dec. 2016, Comparison of soil erosion predictions among PESERA, RUSLE, and MMF models in Japan as a whole
  12. 香坂玲: 伝統野菜サミット2016, 金沢 (2016.12), 伝統野菜の現在と未来~各地の取組、地理的表示の制度と世界の潮流~
  13. 中村亮: 里山里海湖フォーラム2017, 福井 (2017.3), ナレズシがつなぐ地域社会
  14. J. Nishihiro, M. Akasaka, T. Yamanouchi, N. Takamura: 17th International Symposium on River and Lake Environment and 3rd International Symposium on Aquatic Botany 2017, Shiga, Japan, Mar. 2017, Declining recovery potential of aquatic plants from the seed banks of lake sediment
  15. S. Shiratsuchi, N. Hayashi, J. Nishihiro: 17th International Symposium on River and Lake Environment and 3rd International Symposium on Aquatic Botany 2017, Shiga, Japan, Mar. 2017, Restoration of ‘extinct’ aquatic plants from the sediment seed banks of ponds in urban parks of Tokyo
  16. 饗庭正寛・小黒芳生・中静透: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 登山SNSヤマレコのデータを活用した文化的生態系サービスの広域評価
  17. 岡千尋・饗庭正寛・中静透: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 生態系サービス多面性を支える樹木多様性:樹木の有用性についての種間・系統間の相補的関係
  18. 佐々木春佳・饗庭正寛・小黒芳生・中静透: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 東北地方での山菜の潜在的な供給と利用の地理的パターン
  19. 小山有夢・饗庭正寛・小黒芳生・中静透: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 気候変動下にある分布南限および下限にあるブナ林の動態
  20. 小黒芳生: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 植物好きはどこにいる? – Twitterを使った植物への関心の地図化
  21. 古川拓哉・小柳知代: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 西日本の郷土食を対象とした農山漁村の食料供給サービス評価
  22. 香取拓郎・牧野能士・小黒芳生・河田雅圭: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 植物種の分布の拡大と維持の能力に影響する生態的・遺伝的形質
  23. 橋本弾・西嶋翔太・滝久智・古川拓哉・Kastner T.・松田裕之: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 農作物貿易を介した送粉サービスの海外への依存度評価
  24. 宮本康: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 三方五湖のヤマトシジミ個体群の保全に向けて:日本海の海面上昇の影響を評価する
  25. 白土智子・林紀男・内山香・西廣淳: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), シードバンクを活かした自然再生と市民参加
  26. 市川薫: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 先住民族・地域住民の知識体系との協働
  27. 中静透: フォーラム「グリーンインフラ・ECO-DRR と生態学」第64回日本生態学会大会, 東京 (3), 国・事業者の動きと生態学―国土強靭化とグリーンレジリエンス
  28. 香坂玲・長坂健司・梶間周一郎・内山愉太: 第128回日本森林学会大会, 鹿児島 (2017.3), 国際森林政策と科学政策インターフェース:CBDとIPBESにおける在来知・伝統的知識の扱いと利益配分をめぐる議論より
  29. 内山愉太・香坂玲・梶間周一郎・ Liu・Y. Youn・M.S. Park: 第128回日本森林学会大会, 鹿児島 (2017.3), 受粉をめぐる生態系サービスの知識伝播の分析:養蜂に関する東アジアの先行研究と国内の現地調査より
  30. 香坂玲: IPBES第5回総会報告会, ボン(ドイツ)(2017.3), 伝統・地域的知識(ILK)indigenous and local knowledge政策支援ツールと方法論
  31. Y. Uchiyama, R. Kohsaka: The 3rd International Conference on Landscape and Human Health: Forests, Parks and Green Care, Vienna, Austria, May 2017, Analysis on accessibility of urban forest: Towards enhancement of well-being in urban regions
  32. R. Kohsaka, Y. Uchiyama: The 3rd International Conference on Landscape and Human Health: Forests, Parks and Green Care, Vienna, Austria, May 2017, Local strategies on conservation of urban biodiversity: Relationships between the conservation and sustainable urban forest management for quality of life
  33. J. Morimoto, K. Nakagawa, K. T. Takano, M. Aiba, M. Oguro, Y. Furukawa, Y. Mishima, K. Ogawa, R. Ito, T. Takemi: 8th International Conference on Wind and Trees, USA, Jul. 2017, Comparison of susceptibility of artificial forests and natural forests to strong winds in Hokkaido, Japan
  34. H. Saito: The 16th Biennial Conference of the International Association for the Study of Commons, Utrecht, Netherland, Jul. 2017, Variable status of access rights for non-timber forest products in Japan
  35. H. Shibata: International Congress of Ecology, Beijing, China, Aug. 2017, Changing winter climate alter nitrogen biogeochemistry in northern forest ecosystems
  36. S. Takahashi, J. Nishihiro: Annual meeting of Ecological Society of America, Portland, USA, Aug. 2017, Study on the Green Infrastructure for multifunctional use of open space in urban area
  37. J. Nishihiro: Annual meeting of Ecological Society of America, Portland, USA, Aug. 2017, Nature restoration and human welfare: research and practices for vegetation restoration through cooperation with disability people
  38. 森本淳子: ELR2017(日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会合同大会), 名古屋 (2017.9), 森林生態系のレジリエンス〜台風と森林植生〜
  39. 高橋栞・西廣淳・徳江義宏・今村史子・上野裕介: ELR2017(日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会合同大会), 名古屋 (2017.9), 住宅地の空き地のグリーンインフラストラクチャー化に向けた機能評価
  40. 市東実里・古賀和子・西廣淳・岩崎寛: ELR2017(日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会合同大会), 名古屋 (2017.9), 都市緑地における自然観察プログラムと健康プログラムの連携実施が参加者の意識や心理に与える影響
  41. 宮本康・青海忠久: 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 滋賀 (2017.9), 三方五湖におけるヤマトシジミの分布域と人為改変・気候変動の関連
  42. T. Nakashizuka: GEOSS Asia-Pacific Symposium, Hanoi, Vietnam, Sep. 2017, Assessing ecosystem service in Asian region by using biodiversity observation data
  43. Y. Uchiyama, R. Kohsaka: The International Society for Ecological Modelling Global Conference 2017, Jeju, South Korea, Sep. 2017, How much are biodiversity mainstreamed in urban municipalities? Status of mainstreaming efforts with urban biodiversity indicators in major Japanese cities
  44. R. Kohsaka, Y. Uchiyama: The International Society for Ecological Modelling Global Conference 2017, Jeju, South Korea, Sep. 2017, Status of Apiculture and effects of ecological conditions in Japan: How knowledge of beekeeping is transmitted in inter-generational manner
  45. R. Kohsaka, Y. Uchiyama: International Union of Forest Research Organizations 125th Anniversary Congress, Freiburg, Germany, Sep. 2017, Schemes of benefit sharing in alternative livelihood strategies: Potential of geographical indications of non timber forest products
  46. R. Kohsaka, Y. Uchiyama: International Union of Forest Research Organizations 125th Anniversary Congress, Freiburg, Germany, Sep. 2017, Spatial analysis of forest environmental tax as a scheme of Payment for Ecosystem Service: Suggestions to the REDD+
  47. 佐々井崇博,小宮山敬介,帯川裕基,R. Nemani:日本気象学会2017年度秋季大会, 札幌市 (2017.10),土地利用・土地利用変化が陸域炭素収支に与える影響の評価
  48. 三浦一輝:道東森里海連環シンポジウム, 厚岸町 (2017.10), 北海道東部河川における希少淡水二枚貝カワシンジュガイ類の機能と将来
  49. 柴田英昭:道東森里海連環シンポジウム, 厚岸町 (2017.10), 気候変動や土地利用変化に伴う流域生態系の物質循環プロセスの変化
  50. 長根美和子:道東森里海連環シンポジウム, 厚岸町 (2017.10), 異なる土地利用下の土壌における亜酸化窒素の発生と硝酸溶脱の栄養塩溶脱に対する影響
  51. H. Shibata and the ReSIN-III project team: International Conference of Nitrogen Cycling and Its Environmental Impacts in East Asia, Nanjing, China, Oct. 2017, Impact of winter climate change on soil nitrogen dynamics in northern forest ecosystem
  52. H. Kurokawa, M. Aiba, Y. Onoda, M. Oguro, T. Nakashizuka: 2017 Forest Inventory and Analysis Stakeholder Science Meeting, Utah, USA, Oct. 2017, Mapping nationwide forest ecosystem functions and services in Japan
  53. 柴田英昭・ReSIN-IIIプロジェクトチーム:生物地球化学研究会山梨セッション, 甲府市 (2017.11), 冬季気候変化による積雪減少が森林土壌の窒素動態に及ぼす影響
  54. T. Ito, H. Mogi, M. Nagane, T. Hamamoto, M. Toda, Y. Yoshii, Y. Maeda, M. Oka, Y. Uchida: 1st International KAMPAI Symposium on Sustainable Management of Resources and Environment in the 21ST Century, Sapporo, Japan, Nov. 2017, Variability of denitrification potentials in riverbank soils along Bekanbeushi river, Hokkaido
  55. T. Ito, H. Mogi, M. Nagane, T. Hamamoto, M. Toda, Y. Yoshii, Y. Maeda, M. Oka, Y. Uchida: 日本土壌肥料学会秋季北海道支部大会, 札幌市 (2017.11), Variability of denitrification potentials in riverbank soils along Bekanbeushi river, Hokkaido
  56. Y. Miyamoto, T. Seikai, T. Yoshida: The 3rd Asian Marine Biology Symposium, Kumamoto, Japan, Nov. 2017, Effect of past river alteration on spatial distribution of Shijimi clam in the lakes Mikata-goko: the evaluation using TLK (Traditional Local Knowledge)
  57. M. Nagane, H. Shibata, Y. Uchida, R. Tateno: International Workshop on N2O Emissions in Various Ecosystems, Taichung, Taiwan, Nov. 2017, Effects of nutrient addition on nitrous oxide and nitrate leaching from soils under different land-use in northern Japan
  58. T. Sasai, R.R. Nemani: AGU 2017 Fall Meeting, New Orleans, USA, Dec. 2017,Evaluation of terrestrial carbon cycle with the land use harmonization dataset
  59. K. Murakami, T. Sasai, S. Kato, M. Saito, T. Matsunaga, K. Hiraki, S.S. Maksyutov: AGU 2017 Fall Meeting, New Orleans, USA, Dec. 2017, 1km global terrestrial carbon flux: estimations and evaluations
  60. R. Shibata, M. Aiba, M. Oguro, T. Nakashizuka: The 9th Ecosystem Services Partnership World Conference (ESP9) , Shenzen, China, Dec. 2017, Modelling and mapping recreation services using multi-scale natural and social metrics in Japan
  61. M. Oguro, H. Taki, T. Furukawa, H. Kurokawa, T. Masaki: The 9th Ecosystem Services Partnership World Conference (ESP9), Shenzen, China, Dec. 2017, Modelling provisioning services and their relationship with socio-ecological factors in Japan
  62. C. Haga, T. Inoue, W. Hotta, R. Shibata, S. Hashimoto, H. Kurokawa, T. Machimura, T. Matsui, J. Morimoto, H. Shibata: The 9th Ecosystem Services Partnership World Conference (ESP9), Shenzen, China, Dec. 2017, A development of future scenario simulation system of natural capital and ecosystem services on LANDIS-II ― linking qualitative scenarios and landscape change model in Japan
  63. T. Inoue, H. Shibata, C. Haga, T. Matsui: The 9th Ecosystem Services Partnership World Conference (ESP9), Shenzen, China, Dec. 2017, Effects of land use change and climate change on soil nitrogen cycle at a watershed scale in eastern Hokkaido, Japan
  64. R. Kohsaka, Y. Uchiyama, A. Tashiro, M. Sun, Park: The 83rd TOSOK International Tourism Conference, Incheon, South Korea, Feb. 2018, Sustainable tourism managements with regional designations experience from rural areas in Japan
  65. 三浦一輝・石山信雄・川尻啓太・渥美圭佑・立花道草・根岸淳二郎・中村太士:第65回日本生態学会大会, 札幌市 (2018.3), 北海道東部河川における希少淡水二枚貝カワシンジュガイ属2種の非致死的な種同定法と個体群の現状
  66. 饗庭正寛・柴田嶺・小黒芳生・中静透: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 環境・社会要因が文化的生態系サービスに与える影響の空間スケール依存性
  67. 柴田嶺・饗庭正寛・中静透: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 生態系サービスの教育的価値の可視化~中学校の野外学習に影響を及ぼす自然的・社会的環境の解明
  68. 岡千尋・饗庭正寛・小野田雄介・黒川紘子・中静透: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 生物多様性と生態系サービス多面性の関係解明に向けて:樹木を対象とした幅広い有用性と形質・系統との関係の検証
  69. 小山有夢・饗庭正寛・小黒芳生・中静透: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 分布環境辺縁部にあるブナ林に対する気候変動の影響
  70. 土屋一彬・大澤剛士・小黒芳生・古川拓哉: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 農作物の栄養供給サービスに着目したフードシェッドの都市間比較
  71. 古川拓哉・小柳知代・小川みふゆ・小黒芳生・吉田丈人: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 生態系の食べ方:全国の郷土食における生態系利用
  72. 小黒芳生: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 植物を愛する街、○×△□へようこそ!: Tweet に含まれる植物を説明する要因
  73. 小川みふゆ・奥井かおり・今井葉子・曽我昌史・吉田丈人: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 日本の生物多様性地域戦略における多様な主体の参加と伝統知・地域知の役割
  74. 森本淳子・梅林利弘・堀田亘・鈴木智・尾張敏章・井上貴央・柴田英昭・渋谷正人・石橋聡: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 大規模風倒かく乱後の風倒木搬出が森林の種組成と炭素蓄積に与える長期的影響
  75. 杉浦澪・森本淳子・中村太士: 第65回日本生態学会大会, 札幌 (2018.3), 風倒木搬出や地ごしらえに伴うシカの採食が森林の回復に与える影響
  76. 齋藤暖生: 第129回日本森林学会大会, 高知 (2018.3), 林野における資源採取の衰退・消滅と法制度に関する試論
  77. 香坂玲・梶間周一郎・内山愉太: 第129回日本森林学会大会, 高知 (2018.3), なぜ人工林は管理されていないのか:地籍制度と超高齢化社会
  78. 石崎涼子・三俣学・齋藤暖生・川添拓也: 第129回日本森林学会大会, 高知 (2018.3), 自然アクセス権と森林利用を巡る諸問題:スイスおよびドイツを事例として
  79. Katori, M. Oguro, M. Kawata: The 8th EAFES International Congress, Nagoya, Japan, Apr. 2018, The effect of climate and growth form on diversification and distribution of flowering plants

(3)「国民との科学・技術対話」の実施

  1. 中静透: グリーンレジリエンスシンポジウム(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会、2016年5月12日、砂防会館別館、聴講者約400名)にて基調講演
  2. 中静透: 日本学術会議公開シンポジウム「森林科学の未来を語る(その2)気候変動と森林生態系の持続性」(主催:日本学術会議農学委員会林学分科会、2016年7月27日、日本学術会議講堂、聴講者約100名)にて講演
  3. 中静透: 日本学術会議公開シンポジウム「生態系サービスと農業生産」(主催:日本学術会議農学委員会植物保護科学分科会他、2016年12月3日、東京大学農学部2号館化学第一教室、聴講者約50名)にて講演
  4. 中静透:第7回低炭素まちづくりフォーラムin埼玉「さいたまの生物多様性のいまを考える」(主催:低炭素まちづくりフォーラムin埼玉実行委員会、2016年12月10日、埼玉大学全学講義棟1号館、聴講者約100名)にて基調講演
  5. 中静透:第69回地球研セミナー「生物多様性の問題を社会に根づかせる」(主催:総合地球環境学研究所、2017年1月24日、京都教育文化センター・ホール、聴講者約200名)にて講演
  6. 中静透:平成28年度生物多様性シンポジウム「みやぎの山と私たちの暮らし」(主催:仙台市、2017年1月30日、ホテル白萩、聴講者約100名)にて講演
  7. 中静透: 企業と生物多様性に関するシンポジウム「企業が語るいきものがたりPart10」(主催:三井住友海上火災保険株式会社、2017年3月7日、聴講者約200名)にて講演
  8. 中静透: 国際シンポジウム「Biodiversity and sustainability –Linking People and Nature」(主催:UNU-IAS、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構、2017年3月12日、国際連合大学ウ・タント国際会議場、聴講者約100名)にて講演
  9. 中静透:あいち環境塾(主催:愛知県、(公財)名古屋産業科学研究所)における講義「生物多様性と生態系サービス」(2017年8月5日、聴講者約20名)
  10. 中静透:平成29年度環境教育講座(主催:新潟県立教育センター、2017年8月29日、ビュー福島潟)にて新潟県内学校教諭8名へ講義
  11. 中静透:秋田県立秋田南高等学校における特別授業「白神山地のブナ林はなぜ大切か」(2017年8月31日、1〜3年生「生物」選択者が対象)
  12. 小川みふゆ・八嶋桜子:栃木県立宇都宮中央女子高等学校における出張講義「自然に学ぶ、自然の恵み」(2017年10月10日、1・2年生約50名)
  13. 髙野宏平:山と自然のサイエンスカフェ@信州 第5回「気候変動で信州の自然はどう変わるか?」(主催:長野県環境保全研究所、2017年10月19日、ステーションビルMIDORI長野 3F りんごのひろば、観客42名)にて成果紹介
  14. 髙野宏平:長野県上田市塩田地域協議会の環境保全委員会(2017年11月27日、参加者約15名)にて成果紹介の上、竹林管理について意見交換
  15. 髙野宏平: 信州生態研究会招待講演(2017年12月16日、信州大学教育学部、観客約50人)にて成果紹介
  16. 中静透:一般公開シンポジウム「自然と人間との関わり方を追求する」(主催:東洋大学国際哲学研究センター、2017年12月24日、東洋大学白山キャンパス125記念ホール、聴講者約100名)にて講演
  17. 中静透: 一般公開シンポジウム「和歌山県の人と自然をつなぐシンポジウム〜学び活かそう自然の力〜」(主催:和歌山県、2018年1月8日、和歌山市県民文化会館、聴講者約50名)にて講演
  18. 中静透: 平成29年度宮城県生物多様性フォーラム「身近な自然の恵みを考えよう~薬と毒と生物多様性~」(主催:宮城県、2018年1月14日、ホテル白萩、聴講者約100名)にて講演
  19. 中村太士:森・里・川・海のつながり,公開シンポジウム「陸と海の豊さを守り育てる-持続可能な発展を目指して」(共同主催:公益財団法人 農学会・日本農学アカデミー、2018年3月10日、東京大学農学部弥生講堂 一条ホール)にて講演

(4)マスコミ等への公表・報道等

  1. 成果の共同プレスリリース(2017年10月16日、東北大学大学院生命科学研究科、長野県環境保全研究所、森林総合研究所、気象庁気象研究所、東京大学生産技術研究所、国立環境研究所、総合地球環境学研究所、「タケ、北日本で分布拡大のおそれ~里山管理の脅威になっているモウソウチクとマダケ(産業管理外来種)の生育に適した環境は温暖化で拡大し、最大 500km 北上し稚内に到達~」)
  2. 成果のプレスリリース(2017年10月18日、長野県環境部、「地球温暖化の進行に伴い、モウソウチクとマダケの生育に適した環境が拡大する予測を科学論文として発表します。」)
  3. 日本経済新聞(2017年10月18日、全国版(朝刊)、38頁、「「竹繁殖前線」破竹の北上 温暖化で拡大予測」)
  4. 朝日新聞(2017年10月18日、全国版(朝刊)、38頁、「稚内にも竹林が? 温暖化で生息域拡大、東北大など懸念」)
  5. 信濃毎日新聞(2017年10月18日、朝刊、36頁、「県内竹林急拡大の恐れ 県環境保全研など調査」)
  6. 日本農業新聞(2017年10月18日、2頁、「竹、温暖化で北上恐れ 放棄林の拡大懸念」)
  7. 読売新聞(2017年10月19日、全国版(夕刊)、12頁、「温暖化進めば北海道に竹?今世紀末 東北大などチーム予測」)
  8. 財経新聞(2017年10月22日、「温暖化により野生の竹が生息域を拡大、山林に悪影響のおそれ」)
  9. 農機新聞(2017年10月24日、「タケが温暖化で北日本にも拡大する恐れ」)
  10. 共同通信の配信を受けての全国・地方44紙(電子版含む)(2017年10月28日、「温暖化で北海道に竹林拡大 稚内も適地、生態系懸念」)
  11. 朝日新聞(2017年11月7日、全国版(夕刊)、「(eco活プラス)放置竹林、切って資源に 炭・魚礁・紙…広がる間伐材利用」)
  12. 毎日新聞(2017年11月10日、北海道版、「このまま進めば… 稚内まで竹林拡大 調査チームまとめ、生態系に悪影響懸念」)
  13. FMぜんこうじ(5Mh)環境番組「みどりとみずと」(前編2017年12月2日、後編16日、タケの分布拡大について紹介)
  14. Academist Journal研究コラム(2017年12月6日、https://academist-cf.com/journal/?p=6586「外来種のモウソウチク・マダケが里山生態系を脅かす」)
  15. 環境ビジネス情報エコリクNewsletter(2017年12月11日「竹林拡大の脅威」)
  16. 岩手日報(2017年12月19日、風土計、「この秋、東北大などによる報告が衝撃を広げた」)
  17. 子供の科学(2018年1月号、誠文堂新光社、「最新科学ニュース『温暖化によって竹林の分布が拡大』」)

(5)その他

  1. 植生学会大会ポスター賞 / 奥井かおり・澤田佳宏・吉田丈人:第21回植生学会大会, 大阪 (2016.10), 古老の知恵か、経験の減少か:“木の実利用”の世代間差を説明するメカニズム
  2. 日本生態学会ポスター優秀賞 / 佐々木春佳・饗庭正寛・小黒芳生・中静透: 第64回日本生態学会大会, 東京 (2017.3), 東北地方での山菜の潜在的な供給と利用の地理的パターン

 

tema3

(1)誌上発表

<論文(査読あり)>

  1. K. Momota, M. Nakaoka (2016) Influence of different types of sessile epibionts on the community structure of mobile invertebrates in an eelgrass bed, PeerJ, 5: e2952.
  2. T. Yamakita, K.Sudo, Y. Jintsu-Uchifune, H. Yamamoto, Y. Shirayama (2017) Identification of important marine areas using ecologically or biologically significant areas(EBSAs) criteria in the east to southeast Asia region and comparison with existing registered areas for the purpose of conservation, Marine Policy, 81: 273-284.
  3. T. Yamakita, Y. Matsuoka, S. Iwasaki (2017) Impact of the 2011 Tohoku earthquake on the use of tidal flats: A case study in inner Tokyo bay, Journal of Environmental Information Science, 2017-1: 25-36.
  4. 法理樹里, 但馬英知, 牧野光琢 (2017)サンゴ礁の生態系サービスに対する利害関係者の関心分析-沖縄県石西礁湖自然再生協議会を事例として, 沿岸域学会誌, 30: 61-73.
  5. 森岡優志, 美山透, Sergey M. Varlamov, 宮澤泰正, 古川恵太, 遠藤愛子, 植松光夫, 宮崎信之, 山形俊男 (2017) SIMSEAの科学的基礎の確立に向けた戦略的取り組み, 日本海洋政策学会誌, 7: 133-144.
  6. L. M. Nordlund, E. L. Jackson, M. Nakaoka, J. Samper-Villarreal, P. Beca-Carretero, J. C. Creed (2017) Seagrass ecosystem services – what’s next?, Marine Pollution Bulletin.
  7. 山野博哉 (2017) 世界と日本におけるサンゴ礁の状況, 今後の予測, そして保全に向けた取組. 日本サンゴ礁学会誌, 19: 41-48.
  8. V. E. Leopardas, M. Hori, H. Mukai, Y. Tanaka, K. Yokoi, M. Aoki, N. Sato, N. Whanpetch, M. Nakaoka (2018) Broad scale variation in seagrass benthic macrofaunal assemblages along the coast of Japan, Ecological Research, 33: 105-117.
  9. M. Nakaoka, K. Sudo, M. Namba, H. Shibata, F. Nakamura, S. Ishikawa, M. Makino, H. Yamano, S. S. Matsuzaki, T. Yamakita, X. Yu, X. Hou, X. Li, J. Brodie, K. Kanemoto, D. Moran, F. Verones (2018) TSUNAGARI: A new interdisciplinary and transdisciplinary study toward conservation and sustainable use of biodiversity and ecosystem services,Ecological Research, 33: 35-49.
  10. 山北剛久 (2018) 東日本大震災後の海変化を知る一地理情報システムの活用と地理情報科学(GIScience), 種生物学研究(in press).
  11. Igarashi,H., S. Saitoh, Y. Ishikawa, M. Kamachi, N. Usui, M. Sakai, Y. Imamura (2018) Identifying potential habitat distribution of the neon flying squid (Ommastrephes bartramii) off the eastern coast of Japan in winter,Fisheries Oceanography, 27-1: 16-27.
  12. X. Fang, X. Hou, X. Li, W. Hou, M. Nakaoka, X. Yu (2018) Ecological connectivity between land and sea: a review,Ecological Research, 33: 51-61.
  13. Kumagai, N.H., Yamano, H., and Sango Map Project Committee (2018) High-resolution modeling of thermal thresholds and environmental influences on coral bleaching for local and regional reef management,PeerJ, 6: e4382.
  14. M. Hori, H. Hamaoka, M. Hirota, F. Lagarde, S. Vaz, M. Hamaguchi, J. Hori, M. Makino (2018) Application of the coastal ecosystem complex concept toward integrated management for sustainable coastal fisheries under oligotrophication,Fisheries Science, 84: 283-292.
  15. Smith CS, Ito M, Namba M, Nakaoka M (2018) Oyster aquaculture impacts Zostera marina epibiont community composition in Akkeshi-ko estuary, Japan. PLOS ONE 13

 <その他誌上発表(査読なし)>

  1. 山北剛久 (2016) 沿岸における景観スケールの生物多様性, 海洋と生物, 38-6: 681-686.
  2. 久保雄広,庄子康(2016) 野生動物管理学からのアプローチ-政策評価・リスク認識, 自然保護と利用のアンケート調査-公園管理・野生動物・観光のための社会調査ハンドブック(愛甲哲也,庄子康,栗山浩一編, 築地書館): 204-226.
  3. 山野博哉 (2017) 水生生物に及ぼす気候変動の影響, 用水と廃水, 59: 68-73.
  4. 山北剛久 (2017) アジアの海洋生物多様性評価-海の生態系サービス評価の現状, 農村計画学会誌, 36: 25-28.
  5. 白山義久(2017) 海域の生物多様性と生態系サービスを”自然の人々への寄与”という概念から考える, 農村計画学会誌, 36: 9-17.
  6. 山野博哉 (2017) サンゴ礁を取巻くさまざまな環境問題, 現代化学, 6月号: 42-45.
  7. 堀正和, 桑江朝比呂 (2017)ブルーカーボン:浅海におけるCO2隔離・貯留とその活用,地人書館.
  8. 山野博哉 (2017) 1.5℃と2℃: 気候変動「パリ協定」目標の意味と実現への道筋(海洋生態系への影響), 環境情報科学, 46: 25-29.
  9. 山野博哉, 小熊宏之 (2017) 画像を用いたサンゴ礁リモートセンシングの最近の展開. 月刊海洋 号外, 60: 99-106.
  10. 三浦一輝, 川尻啓太, 臼井平, 石山信雄, 秋山善寛, 渥美圭佑, 根岸淳二郎, 中村太士(印刷中)枝幸町内における淡水二枚貝コガタカワシンジュガイ(Margaritifera togakushiensis)の生息情報, 枝幸研究.
  11. Yamakita, 2018. Cultural ecosystem services of temperate coastal areas of japan: Uses of tidal flats, sandy beaches, and rocky/coral areas. 8th Asian Wetland Symposium 2017 Proceedings, 290-293.
  12. 山野博哉 (2018) 学術研究に基づいた自然環境分野の気候変動適応. 國立公園, 761: 13-15.

(2)口頭発表(学会等)

  1. A. Nanami, T. Sato, Y. Kawabata, J. Okuyama (2016) Spawning aggregation of white-streaked grouper Epinephelus onus: Spatial distribution, annual variation and sex-Specific arrival timing, 13th International Coral Reef Symposium 2016.
  2. T. Yamakita, N.Yasuda, M. Tsujino, N. Kumagai, H. Yamano (2016) Gap between future distribution of corals and marine use / Spatial planning around Japanese archipelago, 13th international Coral Reef Symposium 2016.
  3. T. Yamakita, Y. Yara, K. Yamada, M.Matsuba (2016) How Species in different traits affected by the earthquake and Tsunami considering recovery potential used for EBSA and marine spatial planning, 5th International Ecosummit, Ecological Sustainability, Engineering Change 2016.
  4. 山北剛久 (2016) 干潟・砂浜・サンゴ礁,多様な沿岸景観ごとの文化的サービスの分布とその変動, 第17回東京湾シンポジウム~沿岸域の生態系サービスの定量化~.
  5. 山北剛久 (2016) IPBESとそこで活用される生物多様性情報, GBIFワークショップ.
  6. 山北剛久 (2016) EBSA抽出の検討およびS-15において推定するサービスの検討状況, 沿岸における生態系サービスや海洋健全度に関するセミナー.
  7. 山北剛久 (2016) 受け手に着目した沿岸生態系サービスの変遷:潮干狩り,海水浴,ダイビング, 第22回野生生物と社会学会大会.
  8. 山北剛久,松岡好美,岩崎慎平 (2016) 2011年の地震と津波が沿岸域の利用に与えた影響とその生態系への波及効果の検討:東京湾奥部を例に, 日本地球惑星科学連合大会.
  9. M. Nakaoka (2016) Introduction to TSUNAGARI: the need to establish transdisciplinary science toward conservation and sustainable use of biodiversity and ecosystem services in Asia, EcoBalance 2016(Kyoto, Japan).
  10. 仲岡雅裕 (2016) 藻場生態系の生態系サービス評価方法について, 港湾空港技術研究所・沿岸における生態系サービスや海洋健全度に関するセミナー.
  11. M. Nakaoka, M. lto, H. Ahn (2016) High pH water in eelgrass bed of Akkeshi-ko estuary, northern Japan: mitigation of ocean acidification by seagrass?, 12th International Seagrass Biology Workshop(Nant Gwrtheym, Wales, UK).
  12. 仲岡雅裕 (2016) 沿岸域の自然資本・生態系サービスの評価研究に関する展望:S15とTSUNAGARIの紹介, 第2回沿岸生態系の評価・予測に関するワークショップ(愛媛大学).
  13. 田村全 (2016) 北海道東部沿岸域における海洋健全度の適用, 第2回沿岸生態系の評価・予測に関するワークショップ(愛媛大学).
  14. 須藤健二 (2016) Species Distribution Modelによる海洋生物の生息地推定と将来予測の試み, 第2回沿岸生態系の評価・予測に関するワークショップ(愛媛大学).
  15. H. Yamano (2016) Marginal coral reefs and coral communities in Japan, 13th International Coral Reef Symposium (Honolulu, Hawaii).
  16. 庄子康, 久保雄広 (2016) アンケート調査の設計とデザイン, 環境経済・政策学会.
  17. 久保雄広 (2016) 海洋生態系サービスに対する市民認識の多様性, 第17回東京湾シンポジウム.
  18. 矢部徹, 玉置雅紀, 有田康一, 中村方哉, 中嶋信美, 石井裕- (2016) 侵入生物は干潟の生態系サービスにどのような影響を及ぼしたのか?, 第17回東京湾シンポジウム.
  19. 矢部徹, 中村方哉, 有田康一, 玉置雅紀, 石井裕一, 芝原達也 (2016) 侵入アオサ類によるグリーンタイドが谷津干潟の生態系に及ぼす影響, ラムサールシンポジウム
  20. Y. Miyazawa (2017) Extension of the ocean forecasting including investigation of marine ecosystem behavior and coupling with the seasonal climate forecast, Symposium: Past, Present, Future of Predicting Ocean and Climate Variability (Tokyo, Japan).
  21. Y. Ishikawa, H. Igarashi, T. Wakamatsu, Y. Tanaka, H. Nishikawa, S. Nishikawa, M. Kamachi (2017) Numerical forecasting system ocean environments for squid fisheries, ASLO2017 Aquatic Sciences Meeting(Hawaii).
  22. 須藤健二,内舷芳江,山北剛久,山本啓之,白山義久,仲岡雅裕 (2017) 東南アジア海域における生物学的生態学的に重要な海域の推定, 第64回日本生態学会大会.
  23. 山北剛久,安田仁奈,山野博哉 (2017) 自然資本分布の将来予測とマリンレジャー利用の変遷:サンゴ礁を例に, 第64回日本生態学会大会.
  24. 松葉史紗子,山北剛久 (2017) 海がもたらす文化的生態系サービスの利用実態と定量化の試み, 第64回日本生態学会大会.
  25. 仲岡雅裕,伊藤美菜子,安孝珍,阿部博哉 (2017) 生物群集が改変する気候変動影響:アマモ場の海洋酸性化緩和機能に着目して, 第64回 日本生態学会大会.
  26. M. Namba, M. Hashimoto, C. Smith, Z. Tamura, T. Yorisue, K. Momota, M. Ito, M. Nakaoka (2017) Evaluation of the regional variation in ecosystem functions of eelgrass (Zostera marina) beds in eastern Hokkaido, 第64回 日本生態学会大会.
  27. 久保雄広, 山野博哉, 柘植隆宏, 三ツ井聡美, 豆野皓太, 栗山浩一 (2017) 地域住民の認識から見る奄美群島の価値, 第128回日本森林学会大会.
  28. 久保雄広, 曽我昌史, 山野博哉 (2017) 自然体験の頻度を決めるのは何か?周辺環境, 自然への関心, 幼少期の体験を考慮に入れた実証分析, 日本生態学会第64回全国大会.
  29. 矢部徹, 石井裕一, 国分秀樹, 宮崎-, 中村方哉, 加藤あづさ, 有田康一 (2017) アオサ類によるグリーンタイド発生中の谷津干潟における炭素貯留量の推定, 第51回日本水環境学会年会.
  30. 山野博哉 (2017) 環境変化とサンゴ礁:保全地域活動への道筋, 沖縄県サンゴ礁保全再生事業成果発表シンポジウム.
  31. T. Yamakita (2017) From biodiversity prediction to ecosystem service evaluation: Marine case studies in Japan, The 9th GEOSS Asia-Pacific Symposium (Tokyo, Japan).
  32. 仲岡雅裕, 渡辺健太郎, 須藤健二, 四ツ倉典滋 (2017) 北日本沿岸におけるコンブ類の分布推定と将来予測を通じた重要海域の選定, 日本地球惑星科学連合2018年大会.
  33. 山野博哉 (2017) 造礁サンゴの多様性の時空間的変動の評価・予測と適応計画, 日本地球惑星科学連合2018年大会.
  34. 山野博哉 (2017) 生物多様性と環境経済を考慮した琉球列島の赤土流出防止対策, 日本地球惑星科学連合2018年大会.
  35. 山野博哉 (2017) 世界におけるサンゴ礁生態系の動向と今後の予測について, サンゴ大規模白化緊急対策会議.
  36. 堀正和,桑江朝比呂 (2017) 沿岸浅海域のブルーカーボン推定-大気から海底貯留までのプロセス評価-, 日本生態学会大会.
  37. 堀正和 (2017) 藻場と生態系サービス招聘講演, 日本応用藻類学会.
  38. 仲岡雅裕, 伊佐田智則, 安孝珍, 阿部博哉 (2017) 厚岸湖の生態系の構造と変動, Japan Long-term Ecological Research Open Science Meeting 公開シンポジウム.
  39. H. Ahn, M. Ito, N. Kouchi, K. Watanabe, H. Abe, T. Isada, M. Nakaoka (2017) Spatial variation of phytoplankton and coastal environment in Hamanaka Bay and Biwase Bay, eastern Hokkaido, Japan: Evaluating effects of Kiritappu Wetland, Third Asian Marine Biology Symposium (Kumamoto, Japan).
  40. M. Nakaoka, K. Sudo, T. Yamakita, T. Komatsu, H, Yamano, H. Sugisaki, K. Tadokoro, K. Fujikura, H. Yamamoto, Y. Shirayama (2017) Integrative Observations and Assessments of Asian Marine Biodiversity by J-BON and related activities in Japan, Coastal and Estuarine Research Federation 2017 Biannual Conference (Providence, USA).
  41. 三浦一輝 (2017) 北海道東部河川における希少淡水二枚貝カワシンジュガイ類の機能と将来, 道東森里海連環シンポジウム.
  42. M. Nakaoka (2017) Sato-umi in theory and in application, Sato-umi in the Anthropocene, Forum at the Aquarium of the Pacific (Long Beach, USA).
  43. M. Nakaoka, M. Namba, K. Sudo, H. Ahn, J. Shoji (2017) Evaluation of multiple ecosystem services from seagrass beds in Japan:  Synergetic effects or trade-offs of blue carbon services?, SCESAP2017 (Cebu, the Philippines).
  44. 熊谷直喜,有田康一,矢部徹,山野博哉 (2017) 国内温帯域の大型褐藻における種構成・現存量の将来予測,日本藻類学会 第42回大会.
  45. 熊谷直喜, 山野博哉, サンゴマップ実行委員会 (2017) 市民調査データを用いた温暖化影響の解析:サンゴの白化リスク評価,日本生態学会 第64回大会.
  46. 堀正和,桑江朝比呂 (2017) 沿岸浅海域のブルーカーボン推定-大気から海底貯留までのプロセス評価-, 日本生態学会大会(東京).
  47. 堀正和 (2017) 「藻場と生態系サービス」招聘講演, 日本応用藻類学会(東京).
  48. M. Hori, M. Sato, M. Hamaguchi (2017) Seagrass-oyster farmers interaction detected by eelgrass DNA analysis in Hinase area of the Seto Inland Sea, Coast 2017 symposium co-organized by the Japanese-French oceanographic society: Systemic and Biodiversity Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Climate Change, Natural and Anthropogenic Local Factors (Bordeaux).
  49. M. Hori, F. Lagarde (2017) Dynamics of shellfish-exploited ecosystem under oligotrophication, Coast 2017 symposium co-organized by the Japanese-French oceanographic society: Systemic and Biodiversity Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Climate Change, Natural and Anthropogenic Local Factors (Bordeaux).
  50. M. Sato, A. Nanami, M. Hori (2017) valuations of ecosystem service and identification of conservation activities protecting those services in the Sekisei lagoon, southwest Japan. Coast 2017 symposium co-organized by the Japanese-french oceanographic society: Systemic and Biodiversity Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Climate Change, Natural and Anthropogenic Local Factors (Bordeaux).
  51. M. Hori, F. Lagarde, V. Derolez, M. Richard, M. Hamaguchi, J. Hori, M. Makino (2018) Coastal management using oyster-seagrass interaction for sustainable aquaculture, fisheries and environment,招聘講演,110th annual meeting of National Shellfisheries Association (Seatle).
  52. 仲岡雅裕, 須藤健二 (2018) 海洋生物多様性の現状と将来予測、保護区選定, 第65回日本生態学会.
  53. 山口遥香・仲岡雅裕 (2018) Effect of seawater warming on the rocky intertidal surfgrass community, 第65回日本生態学会.
  54. M. Namba, M. Hashimoto, M. Ito, K. Momota, C. Smith, T. Yorisue, M. Nakaoka (2018) Effects of environmental gradients on the diversity and functional traits of macroinvertebrate communities associated with eelgrass (Zostera marina) beds in Eastern Hokkaido, Japan, 第65回日本生態学会.
  55. 橋本真理菜, 難波瑞穂, 仲岡雅裕 (2018) 厚岸湖における養殖カキに付着する動物群集, 第65回日本生態学会.
  56. 三浦一輝, 石山信雄, 川尻啓太, 渥美圭佑, 立花道草, 根岸淳二郎, 中村太士 (2018) 北海道東部河川における希少淡水二枚貝カワシンジュガイ属2種の非致死的な種同定法と個体群の現状, 第65回日本生態学会.

(3)「国民との科学・技術対話」の実施

  1. 沿岸における生態系サービスや海洋健全度に関するセミナー(2016年10月14日, (国研)港湾空港技術研究所IF大会議室, 観客60名).
  2. シンポジウム「サンゴの大規模白化の影響と私たちができること」(2017年3月5日, TKP東京駅前会議室 カンファレンスルーム1, 観客60名).
  3. 山野博哉 (2017) 世界におけるサンゴ礁生態系の動向と今後の予測について,サンゴ大規模白化緊急対策会議(2017年4月23日,沖縄科学技術大学院大学).
  4. ブルーカーボンセミナー:浅海によるCO2吸収・炭素貯留の科学・施策・実践(2017年7月18日(東京), 2017年8月22日(神戸)).
  5. 環境講演会「道東地域の自然と生態系の将来を考える」(2017年8月10日, 厚岸町厚岸情報館, 観客50名).
  6. 熊谷直喜 (2017) 温暖化にともない藻場・サンゴ礁の生物多様性はどう変わっていくのか, 第18回東京湾シンポジム(2017年10月20日,横浜港大さん橋国際客船ターミナル大さん橋ホール)
  7. 堀正和(2017)瀬戸内海の藻場とブルーカーボンについて,第39回海洋教育フォーラム 優しい海洋講座(日本船舶海洋工学会主催,2017年12月8日,広島)
  8. 堀正和(2017)豊かな海を目指した内湾管理について,平成29年度千葉県漁業操業安全対策協議会(千葉).

(4)マスコミ等への公表・報道等

  1. 山野博哉 (2016) サンゴの現状や白化の原因について解説, NHK総合ニュースウォッチ9(2016年8月25日).
  2. 山野博哉 (2016) サンゴ広がる白化 98年以来の被害懸念, 朝日新聞(2016年8月29日, 全国版夕刊).
  3. 山野博哉 (2016) 沖縄「石西礁湖」海水温の上昇でサンゴ礁9割白化, 読売新聞(2016年9月1日, 全国版).
  4. 山野博哉 (2016) サンゴの現状や白化の原因について解説,NHK WORLD(国際放送)NEWS ROOM TOKYO (2016年9月8日, ニュースウォッチ9再放送).
  5. 山野博哉 (2017) 熱くなる海サンゴが悲鳴-迫る地球温暖化- 海の森”消滅危機 グレートバリアリーフ 鮮やかな楽園廃墟に 温暖化で頻発懸念(2017年1月1日, 共同通信).
  6. 山野博哉 (2017) THE PAGE国内最大のサンゴ礁で白化現象 「将来サンゴが消える可能性も」と専門家, (2017年1月13日, 地球温暖化とサンゴの白化現象について 解説https://thepage.jp/detail/20170112-00000007-worldleaf).
  7. 仲岡雅裕 (2017) 環境を生かした将来 どう描く 厚岸で講演会 研究者ら情報交換,北海道新聞(2017年8月11日,釧路根室版).

(5)その他

  1. 第65回日本生態学会英語口頭発表賞 / 山口遥香, Effect of seawater warming on the rocky intertidal surfgrass community.

 

tema4

(1)誌上発表

<論文(査読あり)>

  1. H. FUJII, and S. MANAGI: Ecosystem Health and Sustainability, 2,10,(2016) An Evaluation of Inclusive Capital Stock for Urban Planning.
  2. 宮川蘭奈、松下京平、浅野耕太: 農村計画学会学会誌、36, 1, 53-58 (2017) 花粉媒介昆虫の農作物生産への貢献-送粉サービスの喪失に伴う厚生損失の評価-
  3. K. MATSUSHITA, K. TAKI, F. YAMANE and K. ASANO: American Journal of Agricultural Economics, 100,3, 829-843 (2018) Shadow Value of Ecosystem Resilience in Complex Natural Land as a Wild Pollinator Habitat. 
  4. Y. SUGIAWAN, M. ISLAM, and S. MANAGI: Economic Analysis and Policy, 55, 158-168 (2017) Global Marine Fisheries with Economic Growth.
  5. M. WAKAMATSU, K. J. SHIN, C. WILSON, S. MANAGI: Marine Policy, 81, 312-321 (2017) Can bargaining resolve the international conflict over whaling?
  6. M. WAKAMATSU, K. J. SHIN, C. WILSON, S. MANAGI: Ecological Economics, 146, 397-407 (2017) Exploring a gap between Australia and Japan in the economic valuation of whale conservation.
  7. D. RAJAPAKSA, M. ISLAM, and S. MANAGI: Economics of Disasters and Climate Change, 1,3, 233–244 (2017) Natural Capital Depletion: The Impact of Natural Disasters on Inclusive Growth.
  8. H. FUJII, M. SATO, and S. MANAGI: Sustainability, 9,5, 687 (2017) Decomposition Analysis of Forest Ecosystem Services Values.
  9. Y. YOSHIDA, H. MATSUDA, K. FUKUSHI, S. IKEDA, S. MANAGI, and K. TAKEUCHI: Sustainability Science, (2018) Assessing Local-scale Inclusive Wealth: A case study of Sado Island, Japan.

<査読付論文に準ずる成果発表>

  1. 大山耕輔: 法学研究、90, 3, 1-31 (2017) 社会-生態システム論におけるガバナンスの概念―IPBES・オストロムと公共ガバナンス
  2. 大山耕輔: 農村計画学会誌、36, 1, 38-41 (2017) IPBES:生物多様性保全に向けた重層的ガバナンスー先行研究のいくらかのレビュー
  3. 浅野耕太、山根史博: 農村計画学会誌、36, 1, 165-169 (2017) 生態系サービスの湧出の場としての農村の社会経済的価値
  4. 浅野耕太:農村計画学会誌、36,4, 487-489(2018)見えざる国富と農村協動力

<その他誌上発表(査読なし)>

  1. 佐野亘:経済セミナー、113, 688 (2016) 書評 よりよい社会のあり方を考える-後藤玲子『福祉の経済哲学』-
  2.  佐野亘:社会システム研究、21, forthcoming,(2018) 方法としての「ユートピア」-非理想理論の観点から

(2)口頭発表(学会等)

  1. 玉置哲也、馬奈木俊介:第56回土木計画学研究発表会(秋大会)(2017)水素燃料の普及と温暖化対策
  2. T. TAMAKI, S. MANAGI: INFORMS annual meeting 2017,Houston, USA,(2017) Economic Impacts Caused by the Diffusion of Hydrogen Energy

(3)その他

  1. 農村計画学会2017年度ベストペーパー賞 / 宮川蘭奈、松下京平、浅野耕太:農村計画学会学会誌、36, 1, 53-58(2017)花粉媒介昆虫の農作物生産への貢献-送粉サービスの喪失に伴う厚生損失の評価-



 

PAGETOP