戦略的研究開発領域(Ⅰ)S-15(2016-2020年度)

ポリシーブリーフ

  • HOME »
  • ポリシーブリーフ

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)の設立により、この分野での科学的なアセスメントの概念的枠組みや、それを操作可能なものとするための手法の構築等を通じた生物多様性分野の国際的な科学-政策インターフェース強化への貢献が求められています。また、国内においても 2020 年以降の生物多様性国家戦略の策定プロセスを見据え、シナリオ分析による環境政策への貢献が求められています。

2019年5月に公表されたIPBESの地球規模評価の政策決定者向け要約では、地球規模では依然として生物多様性の損失が続いており、このままでは愛知目標はもとより、SDGs や生物多様性の 2050 年ビジョン、気候変動枠組条約パリ協定などを達成が危ぶまれることが示されました。ただし IPBES の地球規模評価で示された知見の多くは必ずしも、少子高齢化が進み、利用低下が生物多様性の損失の危機のひとつとされる日本に直接的にあてはまるものではありません。世界的な科学評価の動向と足なみをそろえつつも、日本という国がおかれた社会、経済的な状況を踏まえた評価と将来への見通しが不可欠です。

本ポリシーブリーフは、環境研究総合推進費 (S-15)「社会・生態システムの統合化による自然資本・生態系サービスの予測評価(PANCES)」プロジェクトのこれまでの研究成果を踏まえ、特に全国・地域スケールでの社会・生態システムの統合モデル構築という観点から包括的な政策提言を行うものです。

下記では、本研究プロジェクトの4つのテーマごとに、ポリシーブリーフ(PDFファイル)の最新版を参照いただけます。

※この内容は2020年6月現在までに公表された研究成果にもとづくものです。 1月に最初の版が公表され、その後更新が実施されています。 ポリシーブリーフの内容は、今後の研究の進捗に応じて本プロジェクトの終了までに段階的に更新される予定です。本ポリシーブリーフを引用される場合は、版の日付を記載ください。

テーマ1(全国・地域スケールでの社会・生態システムの将来シナリオと統合モデルの構築)2020/06/05版

テーマ2(陸域における自然資本・生態系サービスがもたらす自然的価値の予測評価)2020/02/28版

テーマ3(海域における自然資本・生態系サービスがもたらす自然的価値の予測評価)2020/01/06版

テーマ4(自然資本・生態系サービスの評価とガバナンスの深化)2020/02/28版

PAGETOP