ブックタイトル生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査

ページ
119/158

このページは 生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査 の電子ブックに掲載されている119ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査

調査票:自治体職員編【セクション1】問13地域戦略策定の指示・要望が生じた背景、あるいは市区町村内の担当部局で策定が必要と判断された理由は何ですか。生物多様性地域戦略に記載されていない策定当時の経緯について、情報があれば可能な範囲でご記入ください。(自由回答)14問14生物多様性地域戦略の記載内容に対して、大きな影響力のあった人や団体はどれですか。あてはまるものすべてに○をお付けください。(○はいくつでも)(※公式/非公式を問わず、戦略の方向性を決定付けた人、策定に際して意向に配慮した人、策定段階の戦略案の重要な箇所を修正した人、などを念頭に○をお付けください。)1首長13環境団体2貴部局14福祉団体3財務担当部局15農林水産業団体4環境省16教育団体5環境省以外の中央省庁17企業6都道府県18外郭団体・第3セクター157他の市区町村19大学・研究機関168市区町村議会議員20学者・技術者等の専門家179都道府県議会議員211~20に該当しないNPO・市民団体10地元選出国会議員22一般市民(未成年)11自治会・町内会231~21に該当しない一般市民(成年)12経済・商工団体24その他(具体的に)25わからない問15生物多様性地域戦略の策定に際して、次の政策に関係する部局と連携しましたか。あてはまるものすべてに○をお付けください。(○はいくつでも)1生態多様性の保全9児童・子ども2環境(生物多様性の保全を除く)10福祉3都市計画11教育4土木・建築12工業185防災13商業・観光業196農業14企画・政策7林業15その他(具体的に)8水産業16どことも連携していない5─115─