ブックタイトル生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査

ページ
151/158

このページは 生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査 の電子ブックに掲載されている151ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査

調査票:策定委員会委員編問14策定に関わった自治体では、生物多様性地域戦略に基づいた活動として、実際にどのような取組を実施していますか。わかる範囲でお答えください。あてはまるものすべてに○をお付けください。(○はいくつでも)1調査・研究(例:生物の生息状況、生態系、植生、自然環境の調査)2情報整理・公表(例:データベース、目録等の作成)3計画・指針等の策定(例:環境基本計画、緑の基本計画、環境・生態系に関する構想・指針)4生物の保護活動5外来生物の防除6保護・保全対象地区の指定7生物多様性の保全に関連する施設(自然観察園、公園、ビオトープ)の整備・運営8インフラ整備(道路・河川・水路等)の際の生態系への配慮施策の実施9環境保全型農業(有機・無農薬・減農薬農法等)の導入10教育・普及・啓発(例:ガイドブック等の作成、ワークショップ開催、環境教育活動、自然観察会)11防災・減災施策における生態系の活用(例:防災林、防潮林)12生物・環境保全目的の基金、生物多様性の保全と関連する取組を使途に含むふるさと納税13生物多様性の保全に関する拠点の設置14地域ブランド/都市イメージへの生物多様性の活用15地産品の販売戦略における生物多様性の活動16特にない17その他(以下に具体的にご記入ください)8─147─